Azure Managed Disks – stripe 32 disks

びっくりなことに、仮想マシン上で扱えるディスクに
Managed Disksというものが追加された。
それまで、Azureの仮想マシンでは、StorageアカウントにBlobとしてVHDが追加される形で、少しややこしい部分もあり、物理的なVHDファイルを置いておきながら、仮想マシン独自の形で関連付けられていた。
Managed Disksは一つのリソースで一つのディスクと扱えるようになっており、現実世界のディスク1枚または、VHD1つのように考えることができて、サイズの指定もできて料金もわかりやすくなった。

価格

Managed Disks の価格

種類

大きく2種類。

<Premium>

SSDベースな、IOPS、スループット重視な
P10、P20、P30

 

<Standard>

HDDベースな
S4、S6、S10、S20、S30

 

仮想マシン

SSDベースなものは、接続できる仮想マシンのサイズが決まっているようです。DSシリーズ、DS_V2シリーズ、FSシリーズ、GSシリーズ。とSがついているやつ。

AzureのVMには、サイズによって最大IOPS、スループットが制限されるという仕様があるので、サイズの小さいインスタンスでは、思ったほどでないかもしれないですね。最大接続可能なManaged Disksの数も同様にサイズの制限を受けるようです。

Managed Disks 接続

ポータル上からぽちぽちクリック。旧来のようなストレージアカウントがあって、VHDファイルがあるというような実体はない様子。

1.Managed Disksのインスタンスを作成する

2.仮想マシンのディスクに接続する

だけ。

うん。このままだと面白くないので、少し試してみよう!

 

複数束ねてStripe

ディスク-ストライピング

というわけで試してみたこと。
D、DSでデプロイ。
接続するディスクはすべてホストキャッシュの読み取り書き込みを有効にしている。
仮想マシン内で、Stripeしている。

Standard Disk16 Disk32
(per 64GB)

Premium Disk10 Disk20 Disk32
(per 1TB)

おまけ、Temp(D:ドライブ)

わかったこと

Standardを32束ねても、Premiumには追い付かない!
コンシューマのSSDとベンチマークの結果だけで判断してはいけない。
(このディスクが物理ディスク一つではなく、冗長化された存在であることを忘れない)
また、揮発性の用途でよければ、Tempを使う選択肢がある。
大量にPremiumを接続する場合では、最大スループットは、ディスク側ではなく仮想マシン側の制約を受けているためか、20と32に差はほとんどなかった。
なお画像では、32のほうが低いようにみえるが、ホストキャッシュの影響か、非常に安定しない結果となった。ホストキャッシュの無効化によってまた異なる結果が出ると思われる。加えてStripeはファイル・アクセスごとに都合よく負荷分散をするためのものではないことも影響する一つと思われる。

また、この結果は個人的なもので、何かを保証するものではありません。

アプリ

CrystalDiskMark

 

 

 

Microsoft TranslatorのAPIを使うに当たって・・

Azureの認証が必要となるために、単純な呼び出しでは利用できない様子。

https://github.com/MicrosoftTranslator/GetAzureToken

ここのソースが参考になった。

Functionsで利用する場合は

https://github.com/MicrosoftTranslator/GetAzureToken/blob/master/AzureAuthToken.cs

Tokenの取得が必要となるため、上記を参考にするとよさそうだ。
リクエストがTokenの取得と、取得したTokenを渡すAPI呼び出しになっていることに注意が必要。

 

 

Visual Studio Tools for Azure Functions の修正版

Azure Functions 向けの拡張機能を入れたところで、.NET Coreのプロジェクトがだめになるっていうものに対する修正版が出てたようです。

https://blogs.msdn.microsoft.com/webdev/2016/12/01/visual-studio-tools-for-azure-functions/

Update 12-6-16 @5:00 PM: Updated version of the tools are available that fix the ability to open .NET Core projects with Azure Functions tools installed. Install the updated version over your old version to fix the issue, there is no need to uninstall the previous copy.

というわけで、入れてみたところ・・・

2016-12-10

インストール完了。
プロジェクトの新規作成で、ASP.NET Coreのプロジェクトテンプレートから作成したみところ、無事にできました。

2016-12-10-2

良かった良かったー

風邪っぽい・・・?VS2015の拡張機能

Microsoft Azure2 Advent Calendar 2016 の6日目の記事です。
.NET Core Advent Calendarの6日目の記事です。


2016-12-10追記
Visual Studio Tools for Azure Functions の修正版が出たようで、解消しました。

両方空いていたのと、両方を好きな人はこれから私と悲しい気持ちを味わう前に楽しくなってもらえればという願いを込めて書きました。
相変わらず、しょうもないネタなのですが・・・お時間あればお付き合いください。
Visual Studio 2015の話になります。

季節の変わり目で、咳が止まらず目が覚めて何気なく.NET Coreプロジェクトを作ろうとしたら・・・

2016-12-05-1

2016-12-05-2

あ、、、あれれ?コンソールだめなら、Webは・・・?

2016-12-05-3

2016-12-05-4

 

うーむ、VS2017 RCと共存してるからかなぁ・・・とか思いつつ、既存の.NET Coreアプリを開いてみたところ・・・

=====================
2016/12/04 5:47:00
Recoverable
System.Exception: ディスク上のプロジェクトファイルの検出中に次のエラーが発生しました。Could not load file or assembly 'Microsoft.VisualStudio.ProjectSystem.DotNet, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a' or one of its dependencies. 指定されたファイルが見つかりません。。
   at Microsoft.VisualStudio.ProjectSystem.DotNet.Common.FileMirroring.SourceItemsInMemoryProject.<InitializeFromDiskAsync>d__54.MoveNext()
--- End of stack trace from previous location where exception was thrown ---
   at System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.ThrowForNonSuccess(Task task)
   at System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.HandleNonSuccessAndDebuggerNotification(Task task)
   at Microsoft.VisualStudio.ProjectSystem.DotNet.Common.FileMirroring.SourceItemsInMemoryProject.<Creator>d__52.MoveNext()
--- End of stack trace from previous location where exception was thrown ---
   at System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.ThrowForNonSuccess(Task task)
   at System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.HandleNonSuccessAndDebuggerNotification(Task task)
   at Microsoft.VisualStudio.ProjectSystem.UnconfiguredProjectImpl.AutoLoadMethodStateMachine.<<StartExecution>b__6_0>d.MoveNext()
===================

どうやら風邪がうつったようです

いやいやそんなわけはなく・・・いろいろ調べてみたところ・・・
どうやら、Visual Studio Tools for Azure Funtionsの問題として認識されてるよというところまでは見つけました。

https://blogs.msdn.microsoft.com/webdev/2016/12/01/visual-studio-tools-for-azure-functions/

Warning: We have discovered that installing this Preview breaks the ability to create or open .NET Core projects in Visual Studio 2015.  We are currently investigating, and will make a fix available as soon as it is ready.  In the meantime, do not install this on any machines where you plan to work with .NET Core projects.

.NET Coreプロジェクトを扱うことができなくなってしまうということで、対策をがんばってるそうです。

そう・・・思えばFunctionsへの浮気心が、.NET Coreとの距離を近づけたのかもしれない・・・

そうか、浮気といえば・・・電話番号は二つ・・・つまり、マシンをもう一つAzureで作ればいいじゃない!
この発想には賛否両論あると思いますが…

というわけで、デプロイ!!
で、さりげなく機能紹介。

2016-12-05-5

というわけで、デプロイできた仮想マシンのブレードを開くと、
Automation スクリプトというのがあるのでそこを選択すると出てくるものです。
これは、ご存知の方多いとは思いますが、ARMというテンプレートで、この仮想マシンと同じものを再現するために使える逆起しの設計書みたいな状態です。
ただ、エラーが出てる通り、この仮想マシンに設定した自動シャットダウンと、仮想マシン拡張の診断機能は含まれていません。なので100%ではないですが、このJSONを1から作るよりも、一度作ってみたものをもとにJSON取得して、修正。
ARMとしてテンプレートデプロイをするというシナリオが近道のような気がします。

 

{
    "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2015-01-01/deploymentTemplate.json#",
    "contentVersion": "1.0.0.0",
    "parameters": {
        "virtualMachines_vm20161206_adminPassword": {
            "defaultValue": null,
            "type": "SecureString"
        },
        "virtualMachines_vm20161206_name": {
            "defaultValue": "vm20161206",
            "type": "String"
        },
        "networkInterfaces_vm20161206128_name": {
            "defaultValue": "vm20161206128",
            "type": "String"
        },
        "networkSecurityGroups_vm20161206_nsg_name": {
            "defaultValue": "vm20161206-nsg",
            "type": "String"
        },
        "publicIPAddresses_vm20161206_ip_name": {
            "defaultValue": "vm20161206-ip",
            "type": "String"
        },
        "virtualNetworks_vm20161206_vnet_name": {
            "defaultValue": "vm20161206-vnet",
            "type": "String"
        },
        "storageAccounts_vm20161206diag122_name": {
            "defaultValue": "vm20161206diag122",
            "type": "String"
        },
        "storageAccounts_vm20161206disks246_name": {
            "defaultValue": "vm20161206disks246",
            "type": "String"
        }
    },
    "variables": {},
    "resources": [
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/vm20161206' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Compute/virtualMachines",
            "name": "[parameters('virtualMachines_vm20161206_name')]",
            "apiVersion": "2015-06-15",
            "location": "japaneast",
            "properties": {
                "hardwareProfile": {
                    "vmSize": "Standard_F8s"
                },
                "storageProfile": {
                    "imageReference": {
                        "publisher": "MicrosoftVisualStudio",
                        "offer": "VisualStudio",
                        "sku": "VS-2015-Ent-VSU3-AzureSDK-29-Win10-N",
                        "version": "latest"
                    },
                    "osDisk": {
                        "name": "[parameters('virtualMachines_vm20161206_name')]",
                        "createOption": "FromImage",
                        "vhd": {
                            "uri": "[concat('https', '://', parameters('storageAccounts_vm20161206disks246_name'), '.blob.core.windows.net', concat('/vhds/', parameters('virtualMachines_vm20161206_name'),'20161204060340.vhd'))]"
                        },
                        "caching": "ReadWrite"
                    },
                    "dataDisks": []
                },
                "osProfile": {
                    "computerName": "[parameters('virtualMachines_vm20161206_name')]",
                    "adminUsername": "watashi.kanrisha",
                    "windowsConfiguration": {
                        "provisionVMAgent": true,
                        "enableAutomaticUpdates": true
                    },
                    "secrets": [],
                    "adminPassword": "[parameters('virtualMachines_vm20161206_adminPassword')]"
                },
                "networkProfile": {
                    "networkInterfaces": [
                        {
                            "id": "[resourceId('Microsoft.Network/networkInterfaces', parameters('networkInterfaces_vm20161206128_name'))]"
                        }
                    ]
                }
            },
            "resources": [],
            "dependsOn": [
                "[resourceId('Microsoft.Storage/storageAccounts', parameters('storageAccounts_vm20161206disks246_name'))]",
                "[resourceId('Microsoft.Network/networkInterfaces', parameters('networkInterfaces_vm20161206128_name'))]"
            ]
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/vm20161206128' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Network/networkInterfaces",
            "name": "[parameters('networkInterfaces_vm20161206128_name')]",
            "apiVersion": "2016-03-30",
            "location": "japaneast",
            "properties": {
                "ipConfigurations": [
                    {
                        "name": "ipconfig1",
                        "properties": {
                            "privateIPAddress": "10.0.0.4",
                            "privateIPAllocationMethod": "Dynamic",
                            "publicIPAddress": {
                                "id": "[resourceId('Microsoft.Network/publicIPAddresses', parameters('publicIPAddresses_vm20161206_ip_name'))]"
                            },
                            "subnet": {
                                "id": "[concat(resourceId('Microsoft.Network/virtualNetworks', parameters('virtualNetworks_vm20161206_vnet_name')), '/subnets/default')]"
                            }
                        }
                    }
                ],
                "dnsSettings": {
                    "dnsServers": []
                },
                "enableIPForwarding": false,
                "networkSecurityGroup": {
                    "id": "[resourceId('Microsoft.Network/networkSecurityGroups', parameters('networkSecurityGroups_vm20161206_nsg_name'))]"
                }
            },
            "resources": [],
            "dependsOn": [
                "[resourceId('Microsoft.Network/publicIPAddresses', parameters('publicIPAddresses_vm20161206_ip_name'))]",
                "[resourceId('Microsoft.Network/virtualNetworks', parameters('virtualNetworks_vm20161206_vnet_name'))]",
                "[resourceId('Microsoft.Network/networkSecurityGroups', parameters('networkSecurityGroups_vm20161206_nsg_name'))]"
            ]
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/vm20161206-nsg' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Network/networkSecurityGroups",
            "name": "[parameters('networkSecurityGroups_vm20161206_nsg_name')]",
            "apiVersion": "2016-03-30",
            "location": "japaneast",
            "properties": {
                "securityRules": [
                    {
                        "name": "default-allow-rdp",
                        "properties": {
                            "protocol": "TCP",
                            "sourcePortRange": "*",
                            "destinationPortRange": "3389",
                            "sourceAddressPrefix": "*",
                            "destinationAddressPrefix": "*",
                            "access": "Allow",
                            "priority": 1000,
                            "direction": "Inbound"
                        }
                    }
                ]
            },
            "resources": [],
            "dependsOn": []
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Network/publicIPAddresses/vm20161206-ip' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Network/publicIPAddresses",
            "name": "[parameters('publicIPAddresses_vm20161206_ip_name')]",
            "apiVersion": "2016-03-30",
            "location": "japaneast",
            "properties": {
                "publicIPAllocationMethod": "Dynamic",
                "idleTimeoutInMinutes": 4
            },
            "resources": [],
            "dependsOn": []
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vm20161206-vnet' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Network/virtualNetworks",
            "name": "[parameters('virtualNetworks_vm20161206_vnet_name')]",
            "apiVersion": "2016-03-30",
            "location": "japaneast",
            "properties": {
                "addressSpace": {
                    "addressPrefixes": [
                        "10.0.0.0/24"
                    ]
                },
                "subnets": [
                    {
                        "name": "default",
                        "properties": {
                            "addressPrefix": "10.0.0.0/24"
                        }
                    }
                ]
            },
            "resources": [],
            "dependsOn": []
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/vm20161206diag122' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Storage/storageAccounts",
            "sku": {
                "name": "Standard_LRS",
                "tier": "Standard"
            },
            "kind": "Storage",
            "name": "[parameters('storageAccounts_vm20161206diag122_name')]",
            "apiVersion": "2016-01-01",
            "location": "japaneast",
            "tags": {},
            "properties": {},
            "resources": [],
            "dependsOn": []
        },
        {
            "comments": "リソース '/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx/resourceGroups/vm20161206/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/vm20161206disks246' から一般化されました。",
            "type": "Microsoft.Storage/storageAccounts",
            "sku": {
                "name": "Premium_LRS",
                "tier": "Premium"
            },
            "kind": "Storage",
            "name": "[parameters('storageAccounts_vm20161206disks246_name')]",
            "apiVersion": "2016-01-01",
            "location": "japaneast",
            "tags": {},
            "properties": {},
            "resources": [],
            "dependsOn": []
        }
    ]
}

このテンプレートを見て、何をデプロイしたか分かった人はすごい!

で、話は戻りまして・・・こうしてどちらかの環境用のマシンを分けておくと、何かと便利なので、あまり使ってないサブスクリプションを持ってる人とかはどうでしょうか?

まとめ

こんな状態でもツールをリリースして、たたかれる覚悟でも一歩でも進もうとしていることに私はすごいことなんじゃないかと思っています。

enjoy azure !
enjoy .NET Core !

Visual Studio 2015 のAzure FunctionsでStartしたときのUAC

Microsoft Azure2 Advent Calendar 2016 の3日目の隙間に向けて・・・隙間なネタを・・・!

開始するたびにダイアログがぽこぽこ上がってくるこれ・・・

UACを切ってしまえば・・・でもいいのだけど。それはそれで不安があるしとか思いつつ、もう一ついけそうだと思ってたのが、Visual Studioを管理者モードで起動する

2016-12-04-1

こうすると、親プロセスであるVisual Studioが管理者状態で動いていているので、そこから開始されるFunctionsのローカル実行のプロセスも自動的に管理者権限で動いてくれるということで、UACのダイアログは出てこなくなる。

ただ、Visual Studioに特権が与えられるので、それはそれで不安になることもあるかもしれない。

クリスマス近いんだねー

(メモ)Visual Studio 2015 の Azure Functions プロジェクトに 参照サービスを追加する

Functions単体では、ただコードを書いて、日付を返すとかはできますが、それだけでは、日付を返すとか文字列を変換するとかのことはできても、それは普通にローカルで動くプログラムでも得られるわけで、あまり意味がありません。
Functionsのプロジェクトを他のサービスに接続してみます。

 

プロジェクトのコンテキストメニュー(失敗)

ソリューションエクスプローラー>Functionsプロジェクト>コンテキストメニュー>追加>Connected Service

2016-12-03-1

追加用の画面が表示される
2016-12-03

Azure Storageを選ぶ
2016-12-03-2

既存を選ぶか、Create a New Storage Accountで新規に追加

2016-12-03-3

  1. Azure サブスクリプション を関連付けられているアカウントを選択
  2. サブスクリプションを選択
  3. Storage Account のURLになるものを入力
  4. お好みで料金体系・サービス体系を選択
  5. リソースグループを選択(ここで新規で作ることもできる)
  6. Locationを選択

Azure Storageの画面でAddとしてみると・・・

2016-12-03-4

NuGetのパッケージを追加できずにエラー。
というわけで、この方法ではだめな様子。
ひとまずフィードバックを送信。

functions の場合、プロジェクトの参照というよりは、bindingの定義があってという感じなのもあるかもしれないのでひとまずこの方法ではなさそう。

Functionsの追加から

試しにFunctionの追加から、
テンプレートは、FaceLocatorという、Blobストレージにある画像から顔がある四角形領域を返してくれるもの。

2016-12-03-5

ストレージアカウントの接続文字列を入力する欄が赤くなってますので、ポータルから引っ張ってくる。

2016-12-03-6

この接続文字列は絶対に公開しないように・・・
このように公開してしまった場合は、アカウントを消すか、接続文字列を再生成する必要が出てくる。その場合既存の接続文字列は使えなくなるので、いろいろ面倒。

追加した「FaceLocatorCSharp」の
function.json

{
  "bindings": [
    {
      "type": "blobTrigger",
      "name": "image",
      "path": "images/{name}.jpg",
      "connection": "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=functionapp;AccountKey=xxxxxx;",
      "direction": "in"
    },
    {
      "type": "table",
      "name": "outTable",
      "tableName": "faceRectangle",
      "connection": "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=functionapp;AccountKey=xxxxxx;",
      "direction": "out"
    }
  ],
  "disabled": false
}

このファイルにあるbindingsが、作ったfunctionsの入出力の定義そのものになっている。nameにある文字列がfunctionsのメソッドにある引数として以下のように

public static async Task Run(Stream image, string name, IAsyncCollector<FaceRectangle> outTable, TraceWriter log)
{
    ....
}

しかし・・・

F5デバッグ開始をしてみるもののエラーが発生してしまう。
かなり手詰まりではあるが、実際に動いているものがあるということはそこから得られるヒントがある・・・と信じて

ポータルから・・・

ポータルから生成したもののソースコードを見てみると

  {
  "bindings": [
    {
      "type": "blobTrigger",
      "name": "image",
      "path": "images/{name}.jpg",
      "connection": "functionappXXXX",
      "direction": "in"
    },
    {
      "type": "table",
      "name": "outTable",
      "tableName": "faceRectangle",
      "connection": "functionappXXXX",
      "direction": "out"
    }
  ],
  "disabled": false
}

といった形で、appSettings.jsonに設定されたものを指定しているようだ。
なので置き換えた。

それでもエラーはまだ残るため次に、テンプレート作成時には空となっていた
AzureWebJobsStorageおよびAzureWebJobsDashboardにも接続文字列を追加した

これは、ポータルで生成した場合は自動的に追加されているものだった。

FaceLocatorのキー

さらにわかったことがあって、テンプレート「FaceLocatorCSharp」では、VisionAPIを使うことになっているが、このための接続情報をappSettingsに追加してやる必要があった。

それがわかるコードはここで

        client.DefaultRequestHeaders.Add("Ocp-Apim-Subscription-Key", Environment.GetEnvironmentVariable("Vision_API_Subscription_Key"));

「Vision_API_Subscription_Key」という設定値を必要としていたので、appSettings.jsonに追加した。

{
  "IsEncrypted": false,
  "Values": {
    "AzureWebJobsStorage": "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=functionapp;AccountKey=xxxx",
    "AzureWebJobsDashboard": "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=functionapp;AccountKey=xxxx",
    "Vision_API_Subscription_Key": "xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "functionapp": "DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=functionapp;AccountKey=xxxx"
  }
}

もちろんこれは使えるものではなく、
https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/subscriptions
より取得する必要がある

 

 

Visual Studio の拡張機能として

まだ、このFunctionsの拡張機能はPreviewであり今後変わる可能性があると思うが、
現状動くポータルを正解としていけば動かす道は掴んでいけそうであることがわかった。

.funprojを覗いてみて・・・メモ

Visual Studioで読み込まれるプロジェクトファイルはXML形式で、ビルドするために何らかのtargetsファイルを読み込んでいたり、プロジェクトに設定されたファイルを記述していたりするので、のぞいてみた。

今後変わる可能性は十分にあるので、完全に自己満足or趣味

なんと!
ファイルはどれも関連づいていない。
プロジェクトのディレクトリにあるものはすべて一部となる様子。

ビルドの定義は、Micorosoft.AzureFunctions.targetsファイルにあるようで。
Debug|Any CPU
Release|Any CPU

内部の初期値では、.NET Framework 「v4.5.1」ただ、ビルドのログを見てる限りコンパイラが動いてなさそうなので、ダミーに近い。

MSBuildとしてのメインは、Publishなのかなぁという感じがした。

Publish

その中で
\bin
\obj
*.funproj
*.pubxml
*.user
に該当するファイル、フォルダーは対象外としている様子

デプロイするためのリソースは一時的
obj\PublishTemp\
に格納される
現状これは、パターンに該当しないファイル以外をコピーしている。

 

ソース管理

pubxmlファイルはデプロイ先の情報を持っているため、GitHubなどの公開されるソース管理では対象外としたほうがよさそうだ。

Visual Studio 用の Azure Functions拡張機能(Preview)

昨日、まだ出ないだろうと思ってとりあえずな記事書いたところで、
正式なFunctionsの拡張機能が出たようです。

https://blogs.msdn.microsoft.com/webdev/2016/12/01/visual-studio-tools-for-azure-functions/

 

注意点として

  • プレビューであること
  • Visual Studio 2015 Update 3用であること
  • Azure 2.9.6 .NET SDKがインストールされていること

プロジェクトテンプレート

FunctionApp1という名前で作ってみたところ、以下のようなファイルが

Properties
appsettings.json
FunctionApp1.funproj
host.json
Project_Readme.html

これだけだと、ファンクションそのものがないからの状態なんですが、
デバッグ開始(F5)してみると
Azure-Functions-Cliをダウンロードしてくるぞ?と聞かれました。
いいよとすると、コマンドプロンプトのように、ローカルホスト用であるfunc.exeが起動

Listening on http://localhost:7071/
Hit CTRL-C to exit...
Reading host configuration file 'c:\Projects\FunctionApp1\FunctionApp1\host.json'
Generating 0 job function(s)
Starting Host (HostId=sb-v2-functionapp1, Version=1.0.0.0, ProcessId=9404, Debug=False)
No job functions found. Try making your job classes and methods public. If you're using binding extensions (e.g. ServiceBus, Timers, etc.) make sure you've called the registration method for the extension(s) in your startup code (e.g. config.UseServiceBus(), config.UseTimers(), etc.).
Job host started
File change of type 'Created' detected for 'c:\Projects\FunctionApp1\FunctionApp1\data'
Host configuration has changed. Signaling restart.
Stopping Host
Job host stopped
Reading host configuration file 'c:\Projects\FunctionApp1\FunctionApp1\host.json'
Generating 0 job function(s)
Starting Host (HostId=sb-v2-functionapp1, Version=1.0.0.0, ProcessId=9404, Debug=True)
No job functions found. Try making your job classes and methods public. If you're using binding extensions (e.g. ServiceBus, Timers, etc.) make sure you've called the registration method for the extension(s) in your startup code (e.g. config.UseServiceBus(), config.UseTimers(), etc.).
Job host started
Debugger listening on [::]:5858

特に何もファンクションがないので、Jobは0となってます。

Functionsを追加

Blogに書かれているように
ソリューションエクスプローラー>プロジェクト>コンテキストメニュー>追加>New Azure Function

とすると、テンプレートがずらずらーっと並んでるので追加。
再びデバッグ開始で、

Listening on http://localhost:7071/
Hit CTRL-C to exit...
Reading host configuration file 'c:\Projects\FunctionApp1\FunctionApp1\host.json'
Generating 1 job function(s)
Starting Host (HostId=sb-v2-functionapp1, Version=1.0.0.0, ProcessId=7960, Debug=True)
Found the following functions:
Host.Functions.HttpTriggerCSharp

Job host started
Http Function HttpTriggerCSharp: http://localhost:7071/api/HttpTriggerCSharp

というわけで、ブレークポイントを設定してブラウザから
http://localhost:7071/api/HttpTriggerCSharp
にアクセスしてみると・・・

2016-12-02-1

おおー、変数展開、呼び出し履歴、タスク、診断ツール
と普通にいけてるじゃないですか!!
ローカル環境での実行なので、AzureFunctionsをデプロイしてなくてもいいし。
極端な話、ネットワークにつながってなくても書ける・・・かもしれない?

デプロイ

Blogに書かれているように
ソリューションエクスプローラー>プロジェクト>公開

AppServiceとしてを選ぶと、既存のFunctionsAppのみアイコン付きで出てきました。

2016-12-02-2

そのまま、AppServiceの感覚でデプロイ。

ここからは、せっかく書いた昨日の記事が生きてくるかもしれません。

 

 

Azure Functions をリモートデバッグしながら編集する on Visual Studio 2015

Azure FunctionsがGAしたところで、Visual StudioのFunctions向け拡張機能はまだ出てきていませんが、それまでにVisual Studio(拡張機能)が持っている便利な機能を何か使う方法はないか?ということで。

必要なもの

最初に・・・

Visual Studio 2015を起動していきなりサーバーエクスプローラーを起動します。
出てない場合は、メニュー>表示>サーバーエクスプローラー

資格情報の入力

Azureサブスクリプションが関連付けられているアカウントでログインしておきます。何も出ない場合は、(サーバーエクスプローラー>Azure>コンテキストメニューから)サブスクリプションの管理を開きチェック状態を確認します。
2016-12-01_03

リモートデバッグ

サーバーエクスプローラーのAzureノードから、AppService→「Function App」があるリソースグループ>Functionsのアイコンからコンテキストメニューを表示するとデバッガーのアタッチというメニューがあります。これを選択します。

2016-12-01_04

しばらく待ちます。これはAppService上でリモートデバッガを起動してそこを経由させてアタッチとなるので、少し時間がかかります。

2016-12-01_05

上の画像は、Kuduのプロセスで見た感じ。
リモートデバッグ用のプロセスが起動しています。
これはポータルでは、こんなところに相当します。

2016-12-01_06

上記はポータルのAppService上のアプリケーションの設定にある一部です。

さて、アタッチできて満足しててもよいのですが、
ブレークポイントで息の根・・・じゃなかった、プログラムをブレークしてみたいですね。

リモートファイルを開く

先ほどのサーバーエクスプローラーから、csxファイルを選んでコンテキストメニューを表示して、開くを選びます。

2016-12-01_07

さて開けたところで、デバッグへ。

デバッグ(ブレークポイント)

開いたファイルにブレークポイントを設定します。
2016-12-01_08

このとき、シンボル、モジュールが読み込まれていない状態になっていますが気にしないことにします。というのも、Functionsは常時起動しているわけではないからです。なので、アクセスさせてみましょう。

実行!(ポータル)

ポータルから、テスト実行ボタンを押してみます。
(このほうがリモートしてる感じ出るからね

2016-12-01_09

ポチっと

2016-12-01_10

きたーっ!!

2016-12-01_11

 

というわけで、ここまでです。

ここからデバッグした状態のままリモートファイルを編集することもできます。
インテリセンスは不完全ですが、テキストエディタよりはいいでしょう。
何よりデバッグした状態で、変数を確認することができますので、
想定で実装するよりも、ずっと捗るんじゃないかと思います。

※編集した場合、保存して、同期をしないとサーバーには反映されません。

アドベントカレンダーが始まって、盛り上がってきていますが、正式なToolには期待しつつも、どんなものか?触ることができたら、またきっかけになれば幸いです。

 

Visual Studio 2015 拡張機能 Cloud Explorer

Visual Studio 2017 RCが出ているところにあえて2015からある拡張機能の紹介ですが、この拡張機能は個人的に気に入ってます。

Cloud Explorer for Visual Studio 2015

イイところ

1.ツリー構造をリソースの種類、リソースグループ別でみることができる。

いろいろ試してとかやったり、目的があって作っていたりするときにリソースグループを使うことで、そこにデプロイしているリソースをグループのように見ることができます。後から一括削除とかできたりするので、リソースグループは使うと便利

2.操作するボタンが大きく、リモートデスクトップ環境(iPhone、Android、Mobile)などで操作しやすい

ただ、ほとんど同じことは、サーバーエクスプローラーからできます。
さらにサーバエクスプローラーでしかできないこともあります。
なので、これだけあればいいというものではないですね。

 

デモをするとか、見せるときは文字が大きく見やすいかも。
リソースグループをリソースの種類よりも上位の階層で分類してくれるってのは、いろいろ試してるときは結構助かります。