Event Grid のテストエンドポイント

Event Grid を使うとき可視できるような形ができないと困るときにテスト用のエンドポイントとして使えるのが、ここのドキュメントにさりげなく出ています。
コーディングすることもなく、設定とデプロイだけで使えるので、お手軽

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/blob-event-quickstart-portal
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-grid/how-to-event-domains

Web App – GitHub: Azure-Samples/azure-event-grid-viewer

https://github.com/Azure-Samples/azure-event-grid-viewer

DeployToAzureボタンを使うと、テンプレートのデプロイとして必要な項目を入力するだけで、デプロイできるようになります。

デプロイされたWebサイトを開いてみるとこんな画面が表示されました。

ここにサブスクライバーとして、
https://<your-site-name>.azurewebsites.net/api/updates
を設定してみます

Storage アカウントより設定しました

デプロイした、WebApp に戻ってみると接続時のイベントが表示された

続いて、Storageにフォルダー、ファイルを追加してみます

コンテナの追加
ファイルのアップロード

ファイルのアップロード後、以下のようにイベントが表示された

簡単にサブスクライバーに流れてくる情報を確認できるので、入り口にもお試しにも、試行錯誤にも使えるんじゃないかというメモ
以下、去年に書いた記事の時にも使いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です